MENU

 友人はプレイを楽しみまくっている様子で、さまざまな話を聞かせてくれました。
今のプレイメイトは緊縛も大好きで、縛られた状態で言葉責めされると感じまくってくれると自慢してきました。
またスパンキングなどもプレイメイトの尻で楽しんでいるようです。
彼の話を聞けば、世の中には確実に陵辱プレイが好きなマゾ女がいるのが分ります。
その出会い方法を尋ねてみました。
「有料サービスになる出会い系、これが一番いい」こう断言してきたのでした。
「一部のサイトに限られるけど、真面目に運営している出会い系がある、そこに登録して募集することで相手と知り合えるんだ。LINEとか交換しちゃえば無料でやる事もできるので出費も少ないぞ」
友人は出会い系を利用して、セフレ作りに成功していたようです。
どんな出会い系を利用したのかを詳しく問い詰めてみたのですが、古くからのつき合いだからと言いながら利用しているサイトを教えてくれました。
僕でもその名前を知っているPCMAX、Jメール、ハッピーメールを主に使っていると言う事でした。
さまざまな安全性を聞かされていきました。
そしてちょっとした出会いのコツというものも教えてもらったのです。
いきなりセフレとして募集しても食い付いてくる素人女性は皆無だと言う事。
即会が可能なのは援デリ業者だけと言う事。
本当に相手が探したいのだったら、オナ電相手を探して盛り上がった後に誘うのが良いことも教えられました。
大変細やかなテクニックのアドバイスをされました。

話を聞くと本当に納得だなと思いました。
素人の女性は気軽にセックスに応じることがない、言われてみてその通りだと実感しました。
粘り強く利用することで、リアルでプレイが楽しめるのだからと勧められたので、その日のうちに出会い系に登録することにしました。