MENU

 有人御用達の出会い系に登録、じっくり攻めていく事にしました。
アブノーマルなプレイが好きな女性は確実にいるのは分かっていましたから、今度こそという気持ちで出会い系で募集をやっていく事にしました。
直接セフレを募集してしまうと、援デリ業者からのメールが届いて騙されてしまう可能性もあるとのこと、すぐに会うことのないオナ電友達を探すふりをしました。
通話のみで楽しめる相手を探す、もちろんマゾ気のある人にターゲットを絞り込んで募集していきました。

 

 最初に手応えを感じたのがPCMAXのTELH掲示板でした。
僕のお相手になってくれたのは20歳の女子大生です。
陵辱されることには興味があり、想像するだけでも淫らな気分になってしまうという女性でした。
メールだけでは話が進みませんから、無料通話アプリの交換を申し込みました。
Skypeだったら交換ができるという事で、やりとりをこちらで楽しむことになっていきました。
年下の若い女の子の声に心臓はバクバクでした。
さりげなく言葉責めをしていくと、すっかり感じ始めてしまうのです。
オマンコを弄るように命令を出していきました。
彼女が喘ぎ声を出して、その声を聞きながら自分のギンギンの股間を触り続けてしまっていました。
とても激しく感じてくれる女子大生、調教の話なども織り交ぜて、卑猥なキーワードを使いまくってしまいました。
激しく燃え上がるオナ電は継続され、彼女の絶頂を待って僕も射精していきました。
正直言っちゃえば、このオナ電でも随分燃え上がってしまいました。
女子大生の方もかなり感じてくれた様子、アクメ感じた後もしっかり会話を楽しむことができたのです。
今回のオナ電が大盛況でしたから、また通話して楽しもうという約束になりました。
これとほぼ同時期にハッピーメールでメール交換をはじめた女性も現れました。
30歳の子供のいない人妻ですが、彼女ともとても良い関係になっていきました。